歯科 歯医者 コロナ 

うーん、このタイトルで検索に引っかかるかわからないけど現役歯科衛生士から発信

 

歯科医院でのコロナ感染リスクは高いのでよほどのことじゃない限り治療中の方も含めて来院は避けたほうが良いです

 

ここでの感染リスクは

 

患者からドクターやスタッフ

患者から患者

ドクターやスタッフから患者

 

の全方向にあり、しかも感染を防ぐことが相当難しいのです

 

わかった上での対応をしても、です

 

 

まず患者さんサイドの問題点

 

患者はマスクを取らなくてはいけない

医院に来るまで色々なものを触っていると思いますがその手で入れ歯の取り外しやコップでのうがいをしなくてはいけない

手を洗ってから診療室に入ったとしてもドアノブを触ったり、ユニットの前で上着を脱いだり、メガネはずしたり、そしてマスクを外して、バッグからハンカチを出す。コロナウイルスはどこについているのかわからないのに結局手を洗った後もあちこち触った手でコップを持たなくてはいけません。

大抵の患者さんが外したマスクを畳むため、しまうために外側を触ってしまいます。意味ないからね。。。。。そこ触ったら。。。

 

 

歯科特有の問題点

 

エアロゾルの一言です

治療やスケーリングで発生したエアロゾルが空気中に漂っています

新型コロナのエアロゾル状態での寿命が3時間ほどらしい

治療を終えていなくなった患者から発生したエアロゾルで後から来た患者に感染する危険があります。

 

後・・・

医院にもよりますがタービンやシリンジの先の消毒はアルコールのみが多いです

 

 

術者サイドの問題点

 

患者一人当たりにかかる時間と距離の近さです

 

 

感染予防対策の問題点

 

物資が不足しています

アルコール、グローブ、マスク、すべてです

節約してくれと言っている医院がほとんどだと思います

ものが入ってきませんから・・・

グローブの使い回しはあると思ってください

完全防備な医師や歯科衛生士は自分がかからないために装備してます

そして防護服を着なくてはいけないほどの感染力なのに私たちの白衣は大抵数日は同じものを着ています。

 

 

歯科医院が診療してると結局品薄な物資を確保しようとするからコロナ最前線で戦ってる医療現場にも影響があるんだと思うんだよ

ゴーグルの代わりにシュノーケル用の水中眼鏡使うだとか防護服ないからカッパ着るとかもうそれはすでに医療崩壊なんだよ


スポンサーサイト

  • 2020.09.23 Wednesday
  • -
  • 20:58
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

いつさと

いつでも里親募集中

最近読んだ本など

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

recommend

links

profile

search this site.

sponsored links

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM